台本ライター・福嶋誠一郎です。映像・イベント等の台本を書きます。


TV・ラジオ・インターネット番組  各種イベント・展示会 

CM・プロモーション映像  法人・個人のセレモニー 

 

企画取材執筆現場立ち会い やっています。

 

「世界は舞台、人生は演劇(ドラマ)

シェイクスピアが残したこの言葉が、たくさんの人に意識される時代になりました。

今、人生にもビジネスにも、ストーリーが、ドラマが求められています。

販売したい商品、利用してほしいサービス、提供している事業体の存在。

そこに込めた熱意や深い思いを語らなくては、人は振り向いてくれません。

そしてまた、自分はこう生きてきた、生きている、生きていきたい・・・ということを語らなくては、自分の人生の意味や価値は発見できません。

 

 わたしの仕事は、あなたが自分や自分の仕事についての物語を見つけるためのお手伝いをし、文章として書き記すことです。

 わたしはこれまで台本ライターとして200以上の案件、5000以上のコンテンツの制作に携わってきました。

 これからもたくさんの方との協働作業で、心と経済を豊かにする仕事、「面白い!」と思ってもらえる仕事、「出会えてよかった」と、お互いに笑顔になれる仕事をしていきたいと思っています。

  


広報誌・情報誌  書籍・パンフレット 

Webテキスト  システムソフト 

 

本・広告・ウェブなどでも記事・コピーを書いています。

 


ブログ「台本屋のネタ帳」

ありのままの私が帰ってこられる「ふるさと」

 

 「ふるさと」と聞いて、ほとんどの日本人が連想するのは、稲を実らせる田んぼや、野菜を育て、果実を育てる畑がのどかに広がり、魚が泳ぐ美しい川が流れ、背景に美しい山並みを望める、いわゆる里山の風景だと思います。

 

 愛知・長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内にある「あいち・さとラボ」では8年前から「里山開拓団」なるボランティアグループが、ほとんど砂漠のようだった更地から美しい里山をーーふるさとの風景を創り出しました。

 

 もちろん当初はアドバイザーがいたり、資金面では県のバックアップもあったわけですが、造園や農業などに素人同然の人たちが一つ一つ、作物の育て方のノウハウを学び、組織管理も行い、年間を通したイベント開催などで仲間を増やしていった開拓ストーリーの取材は、とても感動的でした。

 

 開拓に携わってきた人たちにとって、まさしくここは「ふるさと」になり得るでしょう。

 

 これからの課題は。この里山をどう維持していくか。

 

 4月にモリコロパーク内に2022年、「ジブリパーク」ができるというニュースが伝えらましたが、写真の山の左側の森の中にその一部である「もののけの里」ができるとのこと。

 具体的な話し合いはまだこれからですが、今後の里山活動によい影響が出ればいいなぁと思います。

 

 それにしてもこうした絵に描いたような里山の風景を、潜在的なイメージとしてではなく、実際の体験として、つまりリアルなふるさととして自分の中に持っている日本人は、僕も含め、もうそんなにいないのでは、と推察します。

 

 昭和レトロが一種のファンタジックな異文化として人気を集める背景、また、「ふるさと創生」やら「ふるさと起こし」といった言葉が流布する背景には、そうした日本人の「ふるさと喪失物語」があると思っています。

 

 かくいう僕もじつは今、「ふるさとについて考えよ」というお題を頂いているので、面倒だけどぼちぼちやっていこうと思います。

 

 どんな事象があって、どんなストーリーがあって、そこに立って何を想起できれば、人はその場所を、

 ありのままの私が帰ってこられるところ、

 裸の、少なくともそれに近い私が、心を開いて受け入れてもらえるところとして心の深い部分に取り込めるのか?

 

 これからの僕の人生は、ふるさとへたどり着くまでの長い巡礼の旅になるのかな。

 と、そんな気がします。

 


0 コメント