介護士・看護師は人間か、ロボットか?

 

 たとえば将来、介護を受けるとしたら、相手は人間かロボットか、どっちがいいでしょうか?

 

 そんなの人間に決まっている。人間には心がある、あったかい、思いやりがある。血が通っている。ロボットは冷血、機械的、マニュアル的だ。思いやりの心なんてないじゃないか・・・

 

 本当にそうだろうか?

 もしかしたらそれはまるっきり逆なのではないだろうか?

 一昨日の日曜日(15日)の、人工知能に関する「NHKスペシャル」を見てそんな思いを抱きました。

 

 この番組は将棋の羽生さんがプレゼンター。囲碁の世界チャンピオン(韓国の人)がグーグルの開発した人工知能に完敗する、という衝撃的なシーンから展開しました。


 ネット上でもたびたび見かけていましたが、現在、人工知能の進化は目覚ましく、学習能力も半端じゃない。もちろんまだ誤作動もあり得るのだが
(実際、囲碁p対戦の4戦目では誤作動を起こしたためにチャンピオンが勝った)、そういう部分が改善さえていくでしょう。

 

 けれども、あえて機械の弁護をすれば、人間だってヒューマンエラーという誤作動を起こすことがるよね。

 しかも人工知能は思いやりの心といったものも持ちつつある。

 無茶な、あるいは悪意のある人間の命令を拒むこともできるようになる・・・かいつまんで言うとそういう内容でした。

 

 最近あちこちで言われていますが、近い将来、今ある様々な課題をクリアし、進化した人工知能を搭載したロボットが、どんどん人間社会に進出してくるでしょう。


 最初に介護の話を出したのは、介護ロボットに関する小説を書いたっ子とがことがあるからですが、そうした介護・福祉・医療の分野でもロボットが活躍することになるかもしれません。

 

 それで思ったのです。自分が病気や要介護状態になったとき、もしかしたら、家族や人間の介護士、看護師よりもロボットを選ぶのではないか、と。

 

 ストレスを抱え、苦しい思い、あるいは仕事で仕方なく・・という人間よりもロボットの方が――皆さんはどうでしょう?

 やさしくて美しい美女ロイドや、イケメン王子様ロイドに面倒を見てもらったほうが幸せなのではないでしょうか?

 

 ところで、最近のこうした人工知能・ロボットなどをテーマにしたNスぺは、必ずと言っていいほど、林原めぐみさんがナレーションをやっている。

 やっぱり綾波レイの声で語られると説得力あるなぁ。

 

 

2016・5・17 TUE