週末の懐メロ59:パッフェルベルのカノン/ジョージ・ウィンストン

 

12月になったらやはりこの曲だ。

1982年、アルバム「ディセンバー」の挿入歌。

クラシックの名曲だが、僕にとっての「カノン」は、

ジョージ・ウィンストンがピアノで

奏でるこの「カノン」である。

 

その後、40年近くにわたって軽く100を超える

「カノン」を聴いてきたが、

初恋が終生唯一の恋になってしまった。

もし、この世との別れに

なにか最後に1曲だけ聴かせてやると言われたら、

選ぶ曲の一つに挙げるだろう。

 

うちのカミさんと息子以外、

誰かと一緒に聴いたことはないのだが、

なぜかウィンストンの「カノン」を聴くと、

今までに出逢った人たち、

もう逢えなくなった人たちの顔が次々に浮かんでくる。

 

アルバム「ディセンバー」は

最高のクリスマス音楽であり、

年に一度、心を雪原のように真っ白にできる

名盤中の名盤である。