感動!カネテっちゃんの「ほぼカキフライ」

 

名古屋の人間はみんなエビフリャーが大好物、

というレッテルを貼られてまって、

はや40年ぐりゃー経ったもんでよ、

今や、名古屋の裕福な子どもはエビフリャーを

くわえて生まれてくるとか、

名古屋の年寄りは最期の晩餐にエビフリャーを喰って死ぬ、

という都市伝説さえあるらしいわ。

 

そんだもんだで名古屋出身のおまえもそうなんだろうと

よく言われるけどよ、

おれはエビフリャーよりカキフリャーのほうが好きだがや。

フリャーを格付けすると、

1、カキ、2.イカ 3.エビ だでよ。

 

というわけで標準語に戻ると、

やっぱり好物はカキフライである。

 

僕の場合、カキが好きなわけでなく、

カキフライが好きなのだ。

生ガキやカキなべなどはこのまま一生、二度と喰えなくても

何の悔いもないが、カキフライはそうはいかない。

 

もしかしたら最後の晩餐として選ぶのは、

ソースをたっぷりかけてカラシをちょいちょいとつけた

アツアツのカキフライと白いほかほかごはんかも知れない。

ああ、またカキフライの季節がやって来た。

うれしい。

 

ところが、である。

家ではカキフライは食えない。

なぜかというと、

カミさんがカキフライがダメだからである。

 

しかもたちの悪いことに彼女は嫌いなわけではなく、

「好きだけど食えない」という立場なのだ。

 

聞くところによると、食べられた時期もあったようだが、

2,3度あたって、以降、僕と付き合い始めた頃には

まったくダメになっていた。

しかし、「おいしかった」:という記憶は持っている。

これは厄介だ。

 

こんな人間を前に、「おれは大好物だでよう」と言って、

ガツガツ見せびらかすようにカキフライを喰うなんて、

デリカシーのないことは僕にはできない。

てか、気が弱いので怖くてできない。

なので毎年、こっそり外食して素知らぬ顔をしていた。

 

しかし今年、確かお盆過ぎだったか、スーパーで

「ほぼ大粒カキフライ」という代物に出会い、

わが家のにポッとロウソク程度の灯りがともった。

 

この「ほぼ大粒カキフライ」なるものの正体は、

かまぼこというか練り物で、

おでこに豆絞りハチマキのおなじみキャラ、

かねてっちゃんのカネテツの製品である。

 

「ほぼカニ」とか「ほぼウナギ」とか、

あくなき挑戦を繰り返すカネテツが放った

ホームラン、とまでは言わないまでも、

タイムリークリーンヒットくらいの価値はある。

 

サミット(スーパー)の安売りで150円くらいのとき

(普段は198円で売っている)、買ってきて

喰ってみたら、「おお、これは・・・・」と

思わずうなった逸品だ。

 

ちゃんとカキフライのちょっと磯っぽい味と、

ふんにゃりした食感を見事に再現しているのには敬服した。

すばらしい技術力だ。

やるじゃねえか、カネテっちゃんよ。

 

さすがいに衣のサクサク感だけはイマイチだが、

まぁ、揚げてからちょっと時間のたった

カキフライと思えば問題ない。

 

トースターであっためて、

ソースやタルタルソースをかけて食べれば十分イケる。

 

何よりカキが食べられなかったカミさんが、

もどきとはいえ、

カキの風味を十分に楽しめる。

なので1パック4つ入りなので、彼女に2つあげて、

僕と義母で1個ずつ食べる。

 

アレルギーでカキなど貝類NGの人も

これなら大丈夫だと思う。

カネテツのあくなき「ほぼ」への挑戦と追求に

惜しみない拍手を送りたい。

 

あなたもぜひ200円なりの

カキフライもどきを賞味してみてください。

 

こうなると、次なる作品は、いよいよ

「ほぼエビフリャー」だろうか?

名古屋人に「うみゃー」と言わしたれ!

 

 

おいしい食のエッセイ集

ロンドンのハムカツ

もくじ

・想やストーリーでおいしくなる日本食

・肉じゃがは幻想のおふくろの味

・恐竜の唐揚げ

・スーパーマーケットをめぐる冒険旅行

・むかしのコロッケ、みらいのコッケ、まあるいコロッケ

・ドラもんがどら焼きの売り上げに及ぼした経済的効果 ほか

 


0 コメント

ねこがくる

 

昔から児童公園の砂場でよく見かける看板。

いつから出してるのか知らないけど、

ゆうに30年は変わってないと思う。

 

「ねこがきます」と言ったら

「えー、ネコが来るの、うれしい。

どんなかわいいニャンコがくるんだろう?」と

目をキラキラさせる子どもはいないのだろうか。

 

「ねこが来るまで待ってる」とか

「ねこと遊びたい」と

がんばる子どもはいないのだろうか?

 

ちゃんと「ねこがうんちをしちゃいます」とか、

はっきり書けばいいのに。

 

ねこがくるからニャンなんだ?

とツッコミ入れる人はいないのだろうか?

 

 

楽しい動物エッセイ集

神ってるナマケモノ

もくじ

・ネコのふりかけ

・なぜ日本ではカエルはかわいいキャラなのか?

・ウーパールーパーな女子・男子

・いやしの肉球

・金魚の集中力は人間以上 ほか 全36編

 


0 コメント

週末の懐メロ52:ノーモア“アイ・ラブ・ユーズ”/アニー・レノックス

 

1995年リリース。「メドゥサ」のトップナンバー。

もともとは「ザ・ラヴァ―スピークス」という

イギリスのバンドが1986年に発表した曲である。

 

それはそれでななかなかいいのだが、

これをカヴァーしたレノックスのバージョンが凄すぎた。

 

おそらくほとんどの人は、

彼女のオリジナル曲だと思っている。

かくいう僕もつい最近までその一人だった。

 

圧倒的な歌唱力に加え、

ひと睨みで男を石にする蛇魔女メドゥサの魔性。

 

悪魔の館か、倒錯趣味の変態秘密クラブか、

奇怪な世界を描いた演劇風のミュージックビデオは、

そこはかとなく楽しくユーモラスでもある。

 

これは現在も世界中を巡演している

男性だけのバレエ団

「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ」への

オマージュとして制作したらしい。

 

愛を囁く人たちは怪物たちの話をする。

 

「No more "I love you's"」とともに 

歌詞の中で繰り返される「モンスター」とは、

誰もの心の中にいる、もう一人の自分の姿だ。

 

だって人はこぞってハロウィーンに

オバケになりたがる。

年に一度、自分の中のモンスターを解放するのは、

健康の秘訣なのかもしれない。

 

レノックスはこの曲で第38回グラミー賞(1996年)の

「最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞」を

受賞した。

 

ちなみに「メドゥサ」ではチークダンスでおなじみ、

プロコルハルムの「蒼い影」なども歌っている。

これまた圧倒的なレノックス節で素晴らしい。

 


0 コメント

長生きして何をするのか?  何のために長生きしたいのか? 北斎に学べ

 

葛飾北斎は、言わずと知れた「富嶽三十六景」を描いた

江戸の浮世絵師である。

そして海外の人にも最も良く知られた、

日本を代表する画家と言って過言ではない。

その北斎の話を面白く読んだ。

 

「江戸のジャーナリスト葛飾北斎/千野境子・著」

(国土社)は、10代の青少年に向けて、

北斎の人生を紹介する本だ。

図書館で何気に手に取ってページをめくってみたら、

北斎の絵は1枚も入っていない。

けれども文章はめっぽう面白いし、わかりやすい。

 

江戸社時代の平均寿命は現代に遠く及ばない。

50歳、もっと若くて30歳くらいという説もある。

しかし、みんながみんな若死にしたわけではない。

 

江戸社会の平均寿命が極端に短いのは、

子どもがたくさん死んだからである。

 

考えてみれば、医療が発達し、衛生環境が整ったのは、

この50年くらいの話。

僕らの親世代(昭和ひとケタ生まれ)までは

子どもの死亡率はとても高く、伝染病をはじめ、

ちょっとした患いでバタバタ死んだ。

貧乏な家庭では、飢饉でもあれば普通に間引きも

行われていた。

 

だから子ども時代を無事に生き延びた大人は、

けっこう長生きする人が大勢いたらしい。

 

北斎もその一人で、90歳で大往生を遂げた。

そして死の3ヵ月前まで絵筆を執り続けた。

まさに「生涯現役」を体現した芸術家である。

 

昔の芸術家だし、あの有名な「神奈川沖浪裏」のような

豪快な絵を描くのだから、

さぞや豪放磊落な生き方をした、というイメージがあった。

 

ところが実際は、ほとんど遊ばず、ろくに酒も飲まず、

人付き合いも必要最小限で、健康に気を遣って

ひたすら長生きを願って生きていたらしい。

 

それには大きな理由がある。

彼には絵があったからである。

大好きな絵を描くために長く生きたかった。

 

そして、70になっても80になっても。

頂点はまだ先だ、と自分の伸びしろを信じていた。

 

しかも北斎は死後にやっと認められた芸術家ではない。

人生の半ばで江戸の大人気絵師となり、

人気も栄光も獲得した成功者だった。

 

にもかかわらず、満足も慢心もせす、

自分はまだまだ成長できるのだという

強力な信念があったところがすごい。

 

遊びも贅沢な暮らしもうっちゃって、

ひたすら健康に気を付けていたのは、

少しでも長く、1枚でも多く絵を描きたかったから。

 

そんな「基本理念」に裏打ちされた北斎の人生は、

ユニークで人間臭くて感動的だ。

 

めちゃくちゃカネを稼いだはずなのに、

なぜか死ぬまで貧乏で、最期も長屋暮らしだったとか、

彼が甘やかしたせいで、

孫がとんでもない放蕩者になってしまったのが

汚点になったとか、

なんで?と思える生きざまをあれこれ紹介・考察し、

10代の青少年らに語り伝えているところが面白い。

 

そしてこれは人生100年時代を生きる高齢者が

読むべき本である。

特に戦後の日本人は「定年」「老後」という言葉に

支配されてきた。

今からでも遅くないので、できるだけ早くこの二つの言葉を

頭の中から削除した方がいい。

 

そして北斎にとっての絵にあたるものを見つけないと、

とてもじゃないけど生きていけない。

漫然とめしだけ喰って生きる100年は長すぎるし、

いずれ家族にも疎んじられるだろうし、

おそらくかなり辛い思いをする。

 

財産はおカネだけでは駄目だ。

生きるエネルギーになり得る心の財産がないと。

 

著者の千野さんもこの本を通し、

すべての世代へ向けてそうしたメッセージを

送りたいのだろう。

この方、生年は書かれていないが、経歴から察するに

若くても今、70代半ばである。

自分を鼓舞し、北斎の生き方に学びたいという思いが

ひしひしと伝ってくる。

とても読みやすく面白い本なので、

ぜひ読んでみてください。

 

ちなみに新しいパスポートの査証欄には

「富嶽三十六景」が、

2024年から発行される新千円札には「神奈川沖浪裏」が

刷り込まれるそうです。

まさしく日本の国民的アーティスト・葛飾北斎。

 


0 コメント

同窓会延期と「いつまでもあると思うな 渋谷スクランブル交差点」

 

 

驚くべきことにコロナ感染者が急に激減した。

ちょっと不気味な感じがするが、

とりあえず素直に喜んで、この1か月あまりは

割と安心して外出できそうだ。

 

でも、この秋、予定していた

専門学校の同窓会は中止・延期にした。

いちおう幹事役みたいなことをやってて、

昨年企画していたが中止。今年もまた、である。

 

3年前にやった時は20人くらい集まって楽しかったのだが、

さすがにいまはまだそういうわけにはいかない。

週末にメルアドのわかるメンバーにはみんな連絡した。

 

人間、いつ死ぬかわからなくて、この仲間もすでに二人、

あの世に行ってしまったので、

このご時世でどうなっているのかわからない。

元気で暮らしていることを祈るばかりである。

 

いつまでもあると思うな、

親とカネと友だちと青春の思い出。

人生は束の間である。

 

全然関係ないけど。コロナでこの2年ほど、

新宿にも澁谷にもほとんど降り立っていない。

 

渋谷はコロナ禍にも関わらず、

再開発工事がやたら順調に進んでおり、

完成の暁には、車両はすべて地下を通ることになるようだ。

 

ということはかの名物、いまや国際的な観光名所でもある

澁谷スクランブル交差点は近々、

消滅するということになる。

 

見慣れた、当たり前の風景もあと5年かそこらで

消えてなくなってしまうのだろう。

 

いつまでもあると思うな、

親とカネと友だちと青春の思い出、

そして、僕らの渋谷スクランブル交差点。

 

「ありがとう、渋谷スクランブル交差点。

今日で君とはお別れだけど、愛した記憶は忘れない」

なんてセリフが今から聞こえてきそうだ。

 

あなたも今年のハロウィーンはオバケになって

渋谷スクランブル交差点へ出向いて

名残を惜しんでください。

 

なんてね。

こんなこと言って密になって騒ぐのを

煽ってはいかんのだろうけど。

 

ハロウィーンの原型・ディズニー映画の題材にもなったメキシコの「死者の日」などの先祖供養の風習、
人生最後の旅や最後の晩餐を提供する臨終ケア、
遺体をキノコの培養体やフリーズドライにして森や土に還すエコ葬、
安楽死の現実、コロナによる各国の死と葬送の記録など。
葬儀・供養の業界誌「月刊仏事」で連載した記事を一冊に収録したエッセイ集。

0 コメント